的確な栄養管理を行うためには、正常な人間の構造と機能を理解しているだけではなく、病気の原因、病気による形態的・機能的変化について正確な知識を持つ必要がある。
疾病論 II では、病気の中でも食生活や栄養指導との関係が深い、肥満症、脂質異常症、高血圧症、動脈硬化症、高尿酸血症、糖尿病、腎疾患を中心にしてまなぶ。

的確な栄養管理を行うためには、正常な人間の構造と機能を理解しているだけではなく、病気の原因、病気による形態的・機能的変化について正確な知識を持つ必要がある。
疾病論 I では基本的な疾患について、どのようなしくみで、どのような病理学的、病態生理学的変化が生体内でおきているかをまなぶ。