00002118

社会の最も基本的な単位であり、個人にとって生きていく上での基盤ともなる「家族」「家族 関係」について理解を深める。家族を理解するためのいくつかの視点や、家族が個人の発達に及ぼす影響、健康増進などの家族機能について学ぶ。家族の機能や、個人・家族と家族を取り巻く学校・社会との関係を学ぶ。また、様々な発達段階にある子どもと家族の生活や発達課題、健康問題の理解を深める。

 教職課程履修者には、特に履修をお勧めします。

(概要)「社会の多様性と共生」という課題について、人権という観点から共生社会に関わる問題とそれに対する教育や社会活動等の取り組みについて学ぶ。その上で、これからの社会における共生のあり方を考える。これを通して、文化、国籍、障害等の多様性を超えた、共に生きるための社会づくりに関する知識と人権意識を身につけるとともに、それに対する問題意識を各自が養う。